各社FX為替予想 FX.forMyLife.jp
最終更新日時:7月31日11時57分
  ドル円予想 | ユーロ円予想 | 豪ドル円予想 | ポンド円予想 | 為替予想コラム | | FX会社選び | 自動売買システム |
FX会社選び
「総合得点」(加重配点)で選ぶなら
当サイトお勧めベスト7
DMM.com証券 (特典:3000円バック中)
GMOクリック証券【FX】
外為ジャパン
外為オンライン
マネーパートナーズ
ひまわり証券【ひまわりFX】
セントラル短資FX
取引コストの安さで選ぶなら
手数料0円、低スプレッド等
DMM.com証券
GMOクリック証券【FX】
外為ジャパン
SBI FXTRADE
利用者数で選ぶなら
開設口座数、取引量(人気度)
DMM.com証券
外為ジャパン
外為オンライン
使い易さで選ぶなら
初心者向け少額取引、サポート等
GMOクリック証券【FX】
DMM.com証券
外為ジャパン
くりっく365なら
税制面で有利
GMOクリック証券【くりっく365】
為替ライフ「くりっく365」
インヴァスト証券【くりっく365】
自動売買を使うなら
システム性能、手数料等
インヴァスト証券「シストレ24」
FXプライム byGMO 【選べるミラートレーダー】
FXプライムbyGMO【ちょいトレFX】
ひまわり証券【エコトレFX】
セントラル短資FX
FOREX.com 【MetaTrader】


携帯版本日/今週の為替予想
http://mfx.formylife.jp



本日7月31日の豪ドル円予想
5分足 (4時間) 1時間足 (2日間) 日足 (2ヶ月間)
本日の変動要因
本文参照
7月30日の終値 本日の平均予想レンジ 31日東京市場予想
90.5円 89.85〜 91.00円

(中央値: 90.42円)
07月31日東京市場テクニカル分析
第3抵抗線 91.47
第2抵抗線 91.10
第1抵抗線 90.59
第1支持線 90.28
第2支持線 89.88
第3支持線 89.50
←現在値90.527
2015/07/31 14:00:25現在
各社別本日の豪ドル円予想レンジ
各社 発表時間 各社の予想レンジ リンク先記事 リンク
CITIBANK 2015/7/31 89.70-91.00 豪ドルはまちまち。豪州で発表された経済指標は、@6月の住宅建設許可件数は前月比8.2%減と市場予想(同1.0%減)を大幅に下回った、A4-6月期の輸出物価指数は前期比4.4%低下と1-3月期(同0.8%低下)からマイナス幅が拡大し、交易条件の悪化がさらに進んだ、など軟調となった。ただ、対ニュージーランドドルで大幅に反発したことなどから、豪ドル米ドルは0.72米ドル台後半から0.73米ドル台前半でもみ合い。一方、米ドル円の動きに左右され、豪ドル円は90円台前半から後半へ上昇したが、ny市場終盤にかけてはやや値を戻した。チャート上、豪ドル円は21日移動平均線91円20銭で上値を抑えられており、下振れリスクが残る。下値メドは7月28日安値89円29銭辺り。
FISCO 31日9時25分 90.00-91.00 【買い要因】・現時点の金融政策のバランスはほぼ適正・中国経済の成長鈍化に対する警戒感はやや低下・ユーラシア地域におけるインフラ投資増大への期待・労働市場の改善期待【売り要因】・8月

今週7月27日〜7月31日の豪ドル円予想
今週の予想
本文参照
週初 7月27日の始値 今週の平均予想レンジ 算出根拠
89.67円 88.83〜 93.00円

(中央値: 90.92円)
下記表のレンジの平均
各社別今週の豪ドル円予想レンジ
各社 発表時間 各社の予想レンジ リンク先記事 リンク
三菱東京UFJ銀行 平成27(2015)年7月24日 89.00-93.00 新規材料難からポジション調整の動きに警戒■今週の豪ドル相場は 0.73 台後半で寄り付いた。本邦祝日で市場参加者に乏しい中、豪ドルは0.73 台前半まで下落した。しかし、米国債利回りの低下に連れて、対主要通貨でドル売りが強まると徐々に反発。翌21 日には、高値0.7450 を記録した。22 日には、注目度の高い豪州の第2 四半期消費者物価指数が発表されたものの、強弱まちまちの内容に、豪ドルの反応は限定的なものに留まった。しかし、その後スティーブンスRBA総裁より「追加利下げを行うか言が伝わると、追加緩和観測が再燃し、豪ドルは下落。さらに週末に発表された中国の製造業PMIが市場予想を下回ると一段安となり、2009 年5 月以来となる安値0.7269 を示現した(第1 図)。対円についても対ドル同様、週初91 円台前半で寄り付いた後、21 日には92 円台前半まで上昇。しかし、週末にかけては、中国の冴えない経済指標を契機に再び90 円台前半まで下落している。■今週発表された豪州のイベントでは、重要なポイントが 2 つある。1 つ目は、第2 四半期の消費者物価指数(トリム平均値)が市場予想、及びRBAが設定するインフレターゲットの下限を共に上回った点だ(第2 図)。RBAにとっては思惑通り豪ドルが下落していることもあり、緩和バイアスを維持しつつも、様子見姿勢が強まる可能性が高い。当方では年内あと1 回の利下げを予想しており、そのタイミングとしては、民間設備投資(8/27)、GDP(9/2)等の重要イベントを確認した後の、早くても10 月以降と考えている。2 つ目は、前述の通り、スティーブンスRBA総裁による「一段の利下げは依然議論の対象」との発言と共に、「過度な緩和は長期的なリスクに繋がる可能性がある」との見解も示された点だ。直後のマーケットは、豪ドル売りで反応しているものの、本質的には緩和観測を後退させる材料にもなり得る為、今後の総裁発言の細かな変化に留意しておきたい。■中長期的な観点では、豪米金融政策の方向性の違いから、引き続き豪ドル安が続くと考えられる。また、短期的に見ても、資源価格の動向や中国の経済状況に振らされる展開が続くと見込まれ、一段安もあり得よう。しかし、足許では豪ドルが既に2009 年以来となる安値水準まで下落している為、ここから更に豪ドルを押し下げるには新たな材料も必要となろう。ホリデーシーズンを前にしたポジション調整の動きも想定されることから、来週の豪ドルは反発方向に、より警戒が必要と考える。■
みずほ銀行 2015年7月27日 88.00-93.00
りそな銀行 7月27日(月)09:00 90.00-94.00 先週の豪ドル円は下落、NZドル円は上昇。米ドルの下落を背景に買いが入る場面もみられたが、原油・商品相場が下落する中、上値の重い展開が続いた。それでも前週比プラス圏は維持していたものの、7月の中国製造業PMIの低下を受けてマイナス圏まで下落した。NZドルはニュージーランド首相がNZドルの下落ペースが予想よりはやかったと述べたことを受けて反発。その後、NZ中銀が政策金利の引下げを発表すると、買い戻しの動きが強まった。今週の豪ドル円、NZドル円は共に下落を想定。豪ドル円は原油・商品相場の下落に歯止めが掛からない中、引き続き上値の重い展開が予想される。また、今週発表される中国の景況感指標の低下に対する警戒感も売りにつながろう。NZドル円はNZ中銀が政策金利を引き下げた後、買い戻しが進んだが、更なる利下げへの期待感は根強く、弱含みでの推移が予想される。(岩城)
三井住友銀行 2015年7月27日 88.00-92.00 今週はFOMC、2QGDP、雇用コスト指数など9月利上げ開始を占う意味で重要なイベントを控える。FOMCで具体的な材料が示されずとも、実体経済の強さが確認されれば、ドルは引き続き緩やかな上昇基調を維持する見通しだが、商品市況の一段の下落がリスクオフに繋がる場合には、ドルロングポジションの巻き戻しとなる可能性も。(東京時間7月27日午前7時までの情報をもとに作成)予想レンジ:ドル円(円/ドル)122.00-125.00。ユーロ円(円/ユーロ)132.00-137.00。豪ドル円(円/豪ドル)88.00-92.00。
トレーダーズ・ウェブ 25日7月25日
1時22分
89.00-94.00 ツイート ◆米9月利上げなら年内の追加引き締め観測は後退、豪ドルの下支えに◆南ア準備銀行は小幅利上げに踏み切る、成長の下方リスクに言及◆南ア、企業景況感の弱さは既に織り込み済み(国際金融情報部・小野直人)■■■予想レンジ豪ドル円89.00-94.00円南ア・ランド円9.60-10.20円■■■7月27日週の展望■■■ 豪ドル円は様子見か。■30日に住宅建設許可が発表されるが、それ以外は目立つ材料はない。■米連邦公開市場委員会(FOMC)などの外部要因が豪ドルの材料となろう。■ただ、再来週には豪準備銀行(RBA)理事会もあり、すんなりと方向性が定まる感じでもなく、様子見が無難だろう。■■■■ 今週発表された物価指数は、RBAが必要なら追加利下げに踏み切る余地を与える内容だった。■しかし、足元の住宅指標は底堅い数字が並んでおり、緩和を急ぐ理由は少ない。■スティーブンス総裁は「現段階で金融政策のバランスはほぼ均衡している」と述べている。■30日発表の住宅指標の結果次第では、市場が利下げムードに傾く可能性はあるが、単発の指標だけでRBAが利下げするとは考えられない。■住宅指標が好調だったときは、目先の利下げ期待は後退しそうだ。■しかし、過去の平均を下回る成長が続く中で、緩和見通しを払しょくするほどのインパクトはないだろう。■豪ドルは経済指標に一喜一憂しながら、方向が定まりづらくなると思われる。■■■■ FOMCに関しても、同じようなことがいえよう。■利上げ開始時期が9月なのか、あるいはそれ以降なのか市場の見方は分かれている。■9月利上げ開始なら来週のFOMCで何らかのシグナルが出る可能性がある。■思惑通りにことが運べば、市場はドル高で反応するだろう。■しかし、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は「利上げスピードは緩やか」としていることから、追加引き締め期待は盛り上がりづらい。■声明文が従来通りなら、期待が外れた筋のドル売りが出てこよう。■ただ、年内利上げ見通しは崩れそうにないため、ドルの調整も限定的となる。■これらを踏まえると、イベントを一通り眺めた後に、焦らずにじっくりと次の方向を模索する方がよさそうである。■■■■ 南アランド(ZAR)円は横ばいか。■6月コア消費者物価指数は前年比で+5.5%と、5月の+5.7%から鈍化。■しかし、米利上げに伴う南アからの資金流出の影響を低く抑えようと、先手を打って南ア準備銀行は6.00%への利上げに踏み切った。■4-6月期成長率が1-3月期と同程度と見込まれる中で、利上げによる影響が心配される。■来週は、南ア商工会議所が7月SACCI企業景況感指数を発表する。■ギリシャ不安が緩和したとはいえ、中国の経済成長に対する不安から好結果は期待しづらい。■弱めの結果は既に織り込まれているため、よほど悪化しない限り市場への影響は小さいだろう。■それより、米FOMCの結果を受けたドルの動向がZARの行方を左右するか。■■■■7月20日週の回顧■■■ 豪ドル円・ZAR円はもち合い。■ギリシャ懸念が緩和し、来週のFOMC待ちの様相となったため、イベントのはざ間で方向性は定まらなかった。■豪ドル円は、落ち着いたインフレ指標を受けて下げる局面もあったが、利下げ期待は盛り上がらず91円台を中心に上下した。■ZAR円は、日足一目均衡表・雲の下限が位置する10.00円近辺での上下が続いた。■ただ、低成長が見込まれる中で、南ア準備銀行が利上げに踏み切ったことから、後半は上値が重くなった。■(了)
FISCO(週間見通し) 25日15時10分 89.00-92.00 ツイート ■軟調推移、経済成長鈍化懸念で一時90円割れ先週の豪ドル・円は軟調推移。21日に公表された豪準備銀行(中央銀行)の7月理事会議事録に「4-6月期の経済成長率は恐らく鈍化する」との見解が含まれていたことが要因。8月利下げの思惑が再浮上したことでリスク回避的な豪ドル売りが優勢となり、豪ドルは一時90円を下回った。取引レンジは89円94銭-92円27銭。■下げ渋りか、8月利下げ観測はやや後退も今週の豪ドル・円は下げ渋りか。中国経済の先行きに対する不安感は払拭されていないが、先週末にかけて通貨安は進行しており、豪準備銀行による8月利下げ観測は再び後退しつつある。このため、日本との金利差縮小を見込んだ投機的な豪ドル売りはやや縮小する可能性がある。○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント・30日:6月住宅建設許可件数(前月比予想:-1.0%、5月:+2.4%)予想レンジ:89円00銭-92円00銭《FA》株式会社フィスコ

今後1年間の豪ドル円予想
各社 発表時間 リンク先記事 リンク
三菱東京UFJ銀行平成27(2015)年6月30日           上のライン:高値予想  下のライン:安値予想
7月〜9月10月〜12月1月〜3月4月〜6月
予想レンジ87〜9784〜9481〜9281〜93

豪ドル 経済指標を睨みながらも豪ドル安基調は不変■今月の豪ドル相場は、総じて方向感に乏しい展開となった。RBAの金融政策スタンスがはっきりとしない中、レンジ内で動きづらい展開が継続している。先行きについては、豪州の景気減速感を背景に、中銀の緩和姿勢が徐々に強まるものと考える。結果、豪米金融政策スタンスの違いから、豪ドルは中長期的に下落すると予想する。6 月の豪ドル相場は月初0.76 台半ばで寄り付いた。2 日のオーストラリア準備銀行(以下、RBA)定例理事会では、追加緩和を示唆するガイダンスが示されず、豪ドルは追加緩和観測の後退を背景に反発した。その後は、第1 四半期GDP が市場予想を上回る一方、小売売上高、貿易収支が市場予想を下回るなど、強弱まちまちの経済指標に豪ドルも上下した。しかし、8 日のオバマ米大統領によるドル高牽制発言(後に米当局が否定)や、10 日の黒田日銀総裁による円安牽制発言、18 日のややハト派寄りとなったFOMC などを背景にドル売り圧力が強まると、豪ドルも底堅く推移し、高値0.7849 まで上昇した。月後半にかけては、24 日のIMF 年次協議(第4 条協議)を材料に上値が抑えられると(後述)、その後もギリシャ問題を背景としたリスク回避的な動きが重石となり、週明け29 日には、安値0.7587 まで下落した。しかし、下値では押し目買い意欲も強く、すぐに反発に転じると、0.76 台を回復した。振り返ると、今月は高値から安値の差がわずか260 ポイント程度に留まっており、総じて方向感に乏しい1 ヶ月となった。対円についても、対ドル同様、月前半から半ばにかけて95 円台を中心としたレンジ相場を形成。しかし、月末にかけてはギリシャのデフォルト懸念から一時93 円台まで急落している。■今月 2 日に発表されたRBA 定例理事会では、市場予想通り政策金利が据え置かれ、声明文も概ね前回分の内容が踏襲された(第2図)。将来の金融政策についても、今後の経済及び金融状態次第との中立姿勢が維持され、一部で期待された「金融政策の一段の緩和が今後適切となる可能性がある(Further easing of policy may be活は見られなかった。16 日に公表された同定例理事会議事録においても、「5 月に利下げを実施していることから、今回は政策金利が示され、経済データ次第との中立姿勢が改めて強調された。■一方、スティーブンス RBA 総裁は10 日、ブリスベンでの講演会に際し、「追加緩和にオープンな姿勢を変えていない」「豪ドルは一段と下落する必要がある」「利上げ開始を検討するまでに、まだかなり時間がある」などの見方を示した。同様に、15 日には、ケントRBA 総裁補からも、「国内経済の支援の為に低金利が機能しており、過去に比べて政策効果が薄れている事を示す具体的な証拠に乏しい」「内需促進、及びコモディティ価格下落の対応として、豪ドル相場が一段と下落する可能性は高く且つ必要だ」などの考えが示され、声明文や議事録での中立姿勢とは反対に、高官からは相次いで緩和的な見方が示されている。■このように、RBA は講演会等を通じて緩和バイアスを示唆しつつも、一方で声明文や議事録で具体的なガイダンスを示さず、あくまで経済データ次第との中立姿勢を並存させている。その為、RBAの政策スタンスが中立的なのか、緩和的なのか、依然としてはっきりしておらず、一時9 割を越えていた年内追加利下げ(2.00%→1.75%)の織り込み度合いも、本稿執筆時点で5 割前後に留まっている。結果、豪ドルは主体性を欠く展開となり、方向感を見出せない状態が続いている。IMM 通貨先物市場(非商業部門)を確認しても、豪ドルポジションは殆ど偏りが無く、足許のポジションが極めてニュートラルである事を示唆している(第3 図)。RBA が積極的に追加緩和に踏み出せない理由としては、住宅市場に対する警戒感が挙げられる。実際、スティーブンスRBA 総裁は先日の講演会において、「シドニーの住宅価格の上昇速度は異常」「強く懸念している」等、かなり踏み込んだ発言をしている(第4 図)。■とは言え、豪州経済の減速感は依然として根強い。最大の輸出相手国である中国の景気減速懸念に加え、資源価格下落(鉄鉱石など)の影響から交易条件が悪化し、輸出や設備投資の減少に繋がっている。実際、国際通貨基金(IMF)は24 日、オーストラリアについての年次協議(第4 条協議)を発表し、「オーストラリア経済は急激な減速、及び生活水準の低下に直面している」との懸念を表し、「経済状態に応じて、いつでも追加緩和に踏み切れるよう準備しておくべきだ」との見解を述べている。■以上のことから、RBA は住宅市場の加熱感に配慮しつつも、景気浮揚の観点から、緩和姿勢を継続する公算が大きい。米国が金利正常化に向けて動き出している現状を鑑みれば、豪米の金融政策スタンスの違いは明らかであり、豪ドルが中長期的に下落する可能性は高い。もっとも、足許では豪州単独の材料に乏しく、米ドル主導の展開が見込まれる為、米国の利上げ観測が後退する場面では、豪ドルは底堅く推移しよう。また、0.75 台は本年3 月以降、強力にサポートされており、同水準を割り込むにはもう一段の材料が必要となる。そういった意味では、来月22 日に発表される第2 四半期消費者物価指数に注目が集まろう。仮にインフレ率の伸びの鈍化が示されれば、追加緩和観測が再燃し、豪ドルは0.75 台を割り込む展開が予測される。一方、予想を上回る結果となれば、緩和観測の後退に繋がり、豪ドルは上昇に転じる為、留意が必要だ。■予想レンジ 7 月〜9 月 10 月〜12 月 1 月〜3 月 4 月〜6 月